基礎代謝をあげるとリバウンドしない

基礎代謝をあげるとリバウンドしないんです

ダイエットで一番怖いのが、体重減少後のリバウンドではないでしょうか?
せっかく苦労してスリムになったのに、今まで我慢していた反動で食べ過ぎてしまい、結果体重が元に戻るどころか、痩せる前より増えてしまう・・なんて悲しい結末は避けたいものです。

 

リバウンドしないためにはどうしたらよいか・・・ダイエット中から対策をとることが大切です。
基礎代謝を上げれば、リバウンドしにくくなります。
基礎代謝というのは、私たちが呼吸をしたり内臓を動かすなど生きていくために必要な最小限のエネルギーのことです。

 

何もしなくても、実に1日に消費するエネルギーの7割は、この基礎代謝に使われます。
すなわち、毎日きつい運動をしなくても基礎代謝を上げておけば、1日の消費カロリーが増えます。
そうすればダイエット中でも、つい多少食べ過ぎてもリバウンドを避けることができるのです。

 

基礎代謝を上げるには、筋肉を鍛えるのが効果的です。
激しい筋トレは体がムキムキになるので、量を調節しながら適度な筋トレを取り入れることで、カロリー消費率が増えるのでリバウンドが防げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎代謝をあげるとリバウンドしない関連ページ

筋トレとストレッチ
筋トレとストレチには密接な関係があり、筋トレ前のストレッチと筋トレ後のストレッチの効果をご紹介します。 また、筋トレ後のストレッチは疲労回復だけではなく脂肪燃焼にも密接にかかわっています。
筋トレを続けるには
筋トレを続けるというのは本当に大変です。 地味でキツイというのが最も大きな要因です。 そこでフィットネスクラブのカーブスのやり方で筋トレを行うことで地味でキツイ筋トレを効果的に行いましょう。
運動でストレス解消
運動で汗をかくとストレス解消になります。 運動のやり方や継続時間によってもストレス解消の効果が変わってくるようです。 効果的な運動でストレスを吹き飛ばしましょう
脂肪の落ちる運動法
脂肪の落ちる運藤法といえば有酸素運動ですが、実は基礎代謝を上げて太りにくい体をつくるというのもとても大切です。カーブスの運動プログラムはそんな悩みに答えてくれる方法です。
筋トレと有酸素運動
筋トレと有酸素運動はダイエットの王道ともいえる運動方法です。 スポーツが苦手な方にでも簡単に出来る女性専用のフィットネスクラブのカーブスをお勧めします。 カーブスでは無料のレッスンをやっています。
運動で心地よい汗をかく
毎日、適度な運動をすることは健康面だけではなく、ストレス解消や集中力を養う上でもとても大切です。 定期的に運動を続けて気持ちの良い汗をかくことは、睡眠にもとても良いことです。
有酸素運動の効果と限界
健康だけではなくダイエットや、美容にとても良いといわれる有酸素運動。そんな有酸素運動のすばらしさと、有酸素運動では、補えない運動があるということをご紹介します。日頃の運動の参考にして下さい。
中高年は筋トレダイエットが必要
中高年には、筋トレが必要です。生活習慣病の予防や肥満を解消するだけではなく、健康で生活するためにも毎日の筋トレでダイエットを続けていくことが必要になってきます。
筋トレで基礎代謝を上げる
ダイエットには基礎代謝を上げることが必要不可欠ですが、基礎代謝を上げるのに一番有効的な手段は筋肉トレーニングです。毎日の筋トレが基礎代謝を上げることになりダイエット成功のカギになります。
ダイエット方法 運動は筋トレが一番効果的!
ダイエットには有酸素運動と思いがちですが、実は筋肉トレーニングが大切になって来ます。 基礎代謝をあげてリバウンドしない健康維持のための運動法をご紹介
筋トレで脂肪燃焼させるカーブスの運動方法
筋トレ効果で脂肪を効率的に燃焼させるカーブスの運動法をご紹介します。 体重だけのダイエットは効果があまり期待でしません。 筋トレで体質改善をしていきましょう。
ダイエットには筋トレが必要
だいえっとにはバランスのよい運動が必要です。有酸素運動と筋肉トレーニングそして、運動の前後に行うストレッチです。
健康的なダイエット法とは
ダイエットは健康と美容のために行うものです。無理なダイエットは、美容に悪いだけでなく健康にも悪影響を及ぼしかねません。運動で徐々にダイエットモードにしていきましょう。
挫折しないダイエットとは
ダイエット運動は長く続けてこそ効果が表れてきます。そのため無理な運動や食事制限をしたダイエットは成功しません。徐々に思考もダイエットモードに切り替えていく必要があります。
目標をもってダイエット
ダイエットは、目標をもって達成したことが分かるように少しづつの目標を立てることがとても大切です。小さな成功体験がダイエットを楽しいものに変えていきます。